山田の勝負メシプロジェクト始動!!

私たち山田水産は日本の勝負メシ「うなぎ」で日の丸背負って戦うアスリートを応援します。 藤井 瑞希 選手/丹羽 圭介 選手 藤井 瑞希 選手 丹羽 圭介 選手

山田の“勝負メシ”
プロジェクトとは?

きっかけは2015年ラグビーワールドカップ。
ジャイアントキリングを成し遂げた日本代表が、試合前の前日に食べたのは「うなぎ」。
私たち、山田水産の創業から変わらないこだわりは「Made in Japan」。
彼らと同じように私たちも日の丸背負って戦う気持ちは一緒です。
中小企業はWカップには出場できませんが、私たちのうなぎを食べてもらうことによって、
一緒に世界に挑戦したいという想いからこのプロジェクトはスタートしました。

うなぎとご飯は
“最強のアスリートフード”

日本では夏の「土用丑の日」にうなぎを食べると元気が出ると言われ、古くから食されてきました。アスリートの食材としてうってつけの理由はその「栄養分」にあります。
高タンパク低カロリーかつビタミンが豊富なうなぎ。夏バテ防止として江戸時代から食べらてれてきましたが、その栄養分と消化の良さからアスリートの食材として適しているのです。うな重やうな丼にすればうなぎと同時にご飯も食べられることより、体を動かすエネルギー源である炭水化物もしっかりと摂取できるのです。
まさにうなぎとご飯は日本の勝負メシ。“最強のアスリートフード”というわけです。

鰻の栄養

  • ビタミンA目の健康
  • ビタミンE老化防止
  • ビタミンB1糖代謝
  • DHA脳の発達・健康
  • ビタミンB2成長促進
  • EPA血管の健康

鰻とご飯

  • 筋肉・骨・血液を作るたんぱく質源
  • 疲労回復するスタミナ源
  • ご飯をしっかり食べるためのおかず
  • 炭水化物と合わせると
    アスリートのマルチ食材

オンラインショップで購入 ≫

お知らせ

日の丸背負って戦うトップアスリートに、素人山田専務が鋭く切り込むこの企画。
(※弊社専務はマラソンsub3.5ランナーです)

一般社団法人 食アスリート協会とは

食べる力(生命力)のあるアスリート・スポーツ愛好者食アスリートの「食べる力」(生命力)を高めることで
心と体の両面からの健康を追求し、 スポーツ・社会の発展に貢献する。

食アスリート協会との取り組み

一般社団法人食アスリート協会と山田水産株式会社は、日本のアスリートを「食」を通じサポートしています。

ATHLETE PROFILEアスリート紹介

ヒトコム サンウルブズ

RUGBY ヒトコム サンウルブズ SUNWOLVES

サンウルブズ(Sunwolves)は、ラグビーの国際大会「スーパーラグビー」において、2016年より参加している日本チームである。人材派遣会社のヒト・コミュニケーションズがオフィシャルチームスポンサーとなっており、ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(HITO-Communications SUNWOLVES)と称している。2016年の設立以来、世界最高峰の舞台で、常に挑戦をし続けてきた。
そして、2019年は日本ラグビー全体が世界に挑戦をする勝負の年でもある。そんな2019年、「日本のチームが世界を席巻する」、イメージをコンセプトにしたのが「Wolves Win Worldwide (www.)」である。
「www.」は、インターネット上で世界中を駆け巡る記号であり、また世界中の人々が認識をしている「www.(World Wide Web)」から着想を得たものであり、今回はその「www.(World Wide Web)」になぞらえ、インターネットのごとく、サンウルブズが世界に飛び出し、世界を虜にすべく勝利していく様を、「Wolves Win Worldwide」、略して「www.」に込めた。

公式サイトはこちら ≫

藤井 瑞希
©株式会社東京トリップ

BADMINTON 藤井 瑞希 選手 MIZUKI FUJII

姉二人の影響を受け、5歳よりバドミントンを始める。以来、小学生から頭角を現し、高校3年時には当時25年振りとなるインターハイ3冠を達成。2012年ロンドン五輪において、粘り強い戦いぶりで決勝に進み、日本バドミントン界初のメダリストになる。2014年からはヨーロッパリーグ参戦(日本人初)を表明し、ドイツで2シーズン、イギリスで1シーズン戦った。2016年に故郷熊本を襲った震災をきっかけに国内への選手復帰を決意。地元企業である再春館製薬所他、複数社とスポンサー契約を締結し、プロバドミントン選手として活動。そして、垣岩選手とのフジカキペアを再結成し、2020年東京オリンピックを目指していたが、2018年9月に今シーズン限り(2019年2月)での現役引退を発表した。

[経歴]

2004年 4月〜青森山田高等学校
2007年 4月〜ルネサス セミコンダクタ九州・山口
2012年 8月〜ロンドンオリンピック ダブルス銀メダル
2014年 9月〜ブンデスリーガ(ドイツプロリーグ)ルーディンハウゼン
2016年11月〜イギリスナショナルバドミントンリーグ/Bristol Jets
2017年 2月〜日本リーグ復帰(複数社とスポンサー契約を締結し、プロ選手として活動)
2018年 9月 今シーズン限りでの現役引退を発表(2019年2月で現役引退)

公式サイトはこちら ≫

公益社団法人 日本ボート協会

BOAT 公益社団法人 日本ボート協会 JAPAN ROWING ASSOCIATION

[設  立]

昭和39年9月2日(創立 大正9年6月 日本漕艇協会)

[事業目的]

わが国におけるボート競技を統括し、代表する団体として、ボート競技を振興し、ローイングスポーツを通して国民の体力向上とスポーツ精神の育成を図り、もって日本文化の発展に貢献する。

[事業内容]
  1. ボート競技の振興に関する基本方針を確立すること
  2. 日本の地域社会でボート競技の普及を図ること
  3. ボート選手の育成・強化を行い、競技力の向上を図ること
  4. ボートの全日本選手権大会及びこれに準ずる競漕会を開催すること
  5. 日本代表チームの役員と選手を選定し、国際競漕大会へ派遣すること
  6. ボート競技の諸規則・諸規定の制定及び競技用具の審査と検定を行うこと
  7. ボート競技の研究、指導、審判員及び指導者の育成、ボートに関する広報事業を行うこと
  8. その他、この法人の目的を達成するために必要な事業
  9. 公式サイトはこちら ≫

丹羽 圭介

KICK BOXING 丹羽 圭介 選手 KEISUKE NIWA

大阪府出身。追手門学院大学進学後に日本拳法部に入部し主将として数々の入賞経験を経て、2009年 RISE KAMINARIMON全日本トーナメント2009 65kg級で優勝。2010年2月にプロデビュー後、同年7月にはRISE RISING ROOKIES CUP 2010 スーパーライト級王座を獲得。所属はTEAM KSK。那須川天心率いるTEPPENGYMを練習拠点とし、26戦19勝7敗(2KO)REBELS63kg級 初代チャンピオン。

[今後の目標]

キックボクシング団体REBELSで2月、4月のトーナメントで日本一のチャンピオンになること。
その先に待ち構えるNHKの体操のお兄さんを倒して、キックボクシングの運動お兄さんになること。最終目的はキックボクシングの競技やパーソナルトレーニング「ケイトレ」、健康運動を通して年齢や怪我、病気や不調など、世の中のネガティヴを楽しくしていくこと。

公式サイトはこちら ≫

藤岡 奈穂子

PROFESSIONAL BOXING 藤岡 奈穂子 選手 NAOKO FUJIOKA

高校卒業後、宮城県ソフトボール実業団「トーテック」に23歳までプレー。その後、アマチュアボクシングに転向。2003年アジア選手権銅メダル、2004年アマチュア国際女子トーナメント銀メダルなどアマチュア選手としてのキャリアも積む。戦績23戦20勝3敗(12KO)。2009年6月プロ転向(T&Hボクサフィットネスジム所属)。2009年9月にデビュー戦で勝利。以降、あらゆる世界ボクシング団体のタイトルに挑戦し、国内のみならず“世界の藤岡”として、ボクシング女子界のパイオニアとして君臨。

公式サイトはこちら ≫

石井 講祐

BASKETBALL 石井 講祐 選手 KOUSUKE ISHII

千葉県出身。ポジションはポイントガード。 東海大学卒業後、関東実業団リーグの富士通に入団。千葉教員バスケットボールチームに移籍。その後2013シーズンから練習生契約で千葉ジェッツに入団。2014年に千葉ジェッツと正式入団契約を交わす。アウトサイドからの3ポイントシュートを得意とする。リーグでの3ポイントシュート成功率は常に上位。2019年6月をもって千葉ジェッツふなばしと契約を満了。

公式Twitterはこちら ≫

ページの先頭へ