このページの先頭です

鰻師日記

ここから本文です

使命

2015年01月31日 22:17

イメージ





本日第5養鰻場の落成、竣工の神事が執り行われました。

6月の造成工事に始まり、真夏のコンクリート基礎工事、建物の鉄骨建て、
秋の飼育タンクの組立と厳しい工期の中、予定通り12月の飼育開始となりました。

既存の養鰻場のスタイルとは違うため、各業者ともところどころで立ち止まる場面も
ありましたが、定期的に行われた工程会議は重ねること30回。

18年来の顔なじみの業者、メンバーも入れば初めての業者もいましたが、
毎日顔を合わせ、完成という一つの目標に向かっていく気持ちは一緒でしたので、
工事は順調に進み、今日のこの日を迎えることができました。
各業者の方々の様々な努力、英知の結集がこの第5養鰻場です。

既に鰻は全タンクで飼育中。
この設備、この池を使って『美味しい鰻をつくる』こと。
これが第5養鰻場の建設に携わって頂いた方全ての方と、
『五匠鰻』、『霧島湧水鰻』、『鰻師の蒲焼』を待って頂いてるお客様に向けての
私達の使命です。

説得力

2015年01月28日 18:58

イメージ


健さん、貴方もやっぱりそう思いますか。
自分達もそう思います。
心に響くフレーズです。


Black Rainは五回見ました。
鹿児島空港から出張へ向かう専務より。

まだまだですから。

2015年01月16日 19:20

イメージ

遂に完成!
鰻師クリアファイル。


スーパーの水産売場では全国的に名の
売れた 『鰻師の蒲焼』 も世間一般では
まだまだ認知度は低い。


少しでも多く方に、『無投薬養殖』 を
知って貰う為、まだまだ認知度を上げる
努力が
必要。

その為には多くの人の眼に触れる事が大事! ってことで専務がうちのデザイン担当の鈴木女史に
頼んでひそかに作っていた模様。


この写真、『鰻師の蒲焼』の歌のプロモーションビデオの時のもの。
販売されているCD、PVのジャケットにもなっている写真です。

写っているメンバーは全て山田水産の養鰻場、加工場の社員。
そしてセンターはもちろん私、加藤です。
専務もどこかに写っていますから探してみて下さい。

今年はこのファイルに資料を入れて出張、全国、世界を飛び回ります。

始まってます

2015年01月02日 21:59

イメージ

山田水産の養鰻場にとって18期目のシラスシーズン。

ようやく年末に池入れの出来たシラスウナギ君達に
餌付けが始まりました。

池入れからの状態も良く、自然界、海を泳いできた
シラス君達は山田水産の養殖環境にも慣れ、無事に
餌付けの日を迎えました。

状態が悪いと、この日を迎えるまでに死んでしまう
シラスも いるのですが、初めて食する餌への反応も
良く上々の スタートが切れました。

これから毎日、晴れて出荷の日を迎えるまで顔合わせの
日々が続きます。

1年というサイクルで稚魚の池入れ、シラスウナギのシーズンは巡ってきますが、
短いようで長く、1日1日を如何に大切に積み重ね過ごしていけるかに尽きます。

雨の日も、風の日も、雪の日も、晴れの日もそして灰の降る日も決して逃げず、
諦めず、、、、、。

『 賽 (さい) は投げられた 』 んです。 覚悟して!

初詣

2015年01月01日 21:31

イメージ


明けましておめでとうございます。

2015年、平成27年がスタートしました。
今年も恒例の元旦、初詣、霧島神宮に行ってきました。

ところどころに雪が積もっているのは過去もあったけれど、今年は雪の降る中の
参拝でした。 朝の仕事を終え、お雑煮を食べた後いつもより少し早く出たので
渋滞に巻き込まれたのもほんの少しでした。

お賽銭をして、お札、お守りを買って、おみくじを引いて帰ってきました。
今年のおみくじは『小吉』でした。 ちょうど真ん中というところ。

書いてある文面を読むと、『ふむふむ』とうなずけることばかり。
今年も謙虚に真面目に日々を過ごしていこうと誓った霧島神宮でした。

ページの先頭へ