フライで旗揚げだ

山田のフラヰとは

旨いフラヰ、志布志にあり。

薩摩の港町、志布志に伝わるぶ厚い御献立帳。
そこに記されたのは、鉄砲伝来と時を同じくして
現れた一品。
きつね色の薄衣が魚の風味を
ふわりと包み、かじりつけばサクサクと軽い。
町人もお侍も、ついにはご家老や藩主までもが
虜になった。
その名は”フラヰ”。
南蛮渡来の味わいを以て、志布志の名を天下へ。

What’s 志布志?フライのルーツ

みんなで踊ろう!フラヰ音頭

準備中 準備中
歌詞を見る

プロフィール

剣を包丁に持ち替えた男、山田が食の歴史を動かした。

生来の食いしん坊。剣の腕はからっきしだが、
ひとたび包丁を持てばその手並みは鮮やか。
藩主の胃袋をつかみ、包丁侍に大抜擢。
ポルトガル人から“フラヰ”なる
料理を教わり、試行錯誤の末、取得。
その旨さを全国へ伝えたのが他でもない山田揚之助、
とは本人の弁。

フライのルーツ

お取扱い店舗募集中!

「山田のフラヰ」は、メイド・イン・ジャパンを掲げたフライ商品。

本格派の旨さを、手軽に。
忙しい毎日の時短おかずとして最適です。
小売店やバイヤーの皆さまからのお問い合わせ、
お待ちしております。

お取扱い店舗募集中!

うなぎの駅

旨いうなぎは、ここに集まる。

うなぎの養殖や蒲焼の製造・販売を行う山田水産株式会社。鹿児島県志布志市に、自社工場とレストラン・直売所を併設した「うなぎの駅」をオープンしました。志布志名物のうなぎや、フライ商品は、こちらでお買い求めいただけます。 うなぎの駅HPへ>

オンラインショップ